IBA-Imatoh Baseball Agency ピッチングドクター今任靖之によるピッチングメソッド

  1. HOME
  2. 今任靖之理論

今任靖之理論

正三角形…ピラミッドの頂点

1.三つの円の交わり=身体能力

2.あらゆる角度からの力、風、振動に耐える
(例…東京タワー、パリエッフェル塔、東京スカイツリーなど)

飛距離・方向性は、まばたきの瞬間

※上半身と手首の力を抜くことにより、全身のしなり、シャフトのしなりが生まれる。

★高い能力を持つ選手でもその能力を100%発揮できない試合を見かける。
「間」「タイミング」「距離・方向」のバランスが調和を生み、これも100%能力を発揮することができ、下半身の力を伝えることができることを示す。

爆発力を生むしくみ

★今任靖之理論の定義の爆発力を生むしくみとして、身体能力は3つの輪「バランス」・「タイミング」・「リズム」が均一に交わった時に自分の能力を100%発揮することを示す。

四つの柱 運動能力100%

★四つの柱はピラミッドを上から見た所を例にして「フォーム」「インナーマッスル・ア ウターマッスル」「力の入れ方、抜き方」「体のリズム・キレ」を生みそれぞれが調和されて頂点になった時、爆発力(最高)の運動能力、個人の力を100%発揮できる。

運動能力100%

※打者(投手)はタイミング(呼吸法)

★「体のキレ」は動作の早さであり、「パワー(縦の筋肉、横の筋肉)」「柔軟(骨格・関節)」のバランスが均一になった時に爆発力を生み個人の運動能力が100%発揮できる。